2014年05月22日

アウトドア派の杞憂

BAKETU.jpg

スノーボード商戦が一段落し、経理事務に追われる3月末を過ぎた頃が毎年、海に通い始めるタイミングになる。
だが今年はブログでもお知らせしたように、オークションストアへの移行に伴い、休むヒマがなく海から遠ざかっていた。実際、まだ夏物の出品もままならない状況である(そうしたリスク回避のため、仕入れ自体を前年よりうんと減らしているが)。一人でこなしているのだ。やらなくてはならない事は山のようにある。
しかし何とか時間をやりくりし、やっと本日、今年初めての入水となった。これを書いている今、じっとしていても腕が痺れるように痛く、そして重い。

ここ数年、その年の初めての入水は、パドル力の崩壊と体力低下に愕然とし、落ち込む事が恒例行事となっている。理想と現実の落差の大きさに。
若者と違い、一度ブランクを作るとある程度のレベルに戻すには結構時間がかかる。それでも週1〜2回コンスタントに通う事で、真夏頃にはそれなりに動ける身体にはなる。そしてある程度パドル力も体力も元に戻り、さぁこれから! という辺りでスノーボードの入荷が始まり、と同時にサーフィンも強制終了。11月頭から3月までは休日もなく、海どころではなくなる。毎年そのサイクルの繰り返しだ。もう昔のように、真冬に入る元気も余裕もない。
落ち込むのは毎年の事だが、今年はそれほどでもない。2ヶ月弱復帰が遅れた分、それだけ身体の方も悲惨な状態にまで鈍っていたにもかかわらず、だ。諦めというか、悟りの境地とでも言うか、若くはないのだから仕方ないじゃんと、不思議と自分を納得させる事ができている。まぁ、のんびり端っこの方で体力回復させてもらおうと思っている。

さて、今回話題にしたかったのは私のサーフィン日記はなく、ETC割引についてだ。
元に戻るとは聞いていたが、実際、利用料金を告知する看板と音声を聞いて、これは痛いと肌で感じた。割引が導入されて久しく、その値段が当たり前と認識していたため、今回は元に戻るというよりも、実質値上げに感じてしまうのだ。平日昼間は3割引であったため、3割増しの値上げという風に。
家から高速道路に乗るまでに、5分とかからない立地であるため、サーフィンには必ず高速道路を利用している。これまでのように、波がなければ入らずに戻ってくればいいと、気軽に出かけられないと感じた。さてこの先、どの程度のサイクルで通うかな?と。

サーフィンにしてもスノーボードにしても、車での移動なくしては考えられない遊びである。年に2、3回行く程度の事なら、高速料金など気にはならないが、週1、2回通うようならばその負担増額は年間相当な額になるだろう。
特に来期のスノーボード業界は、高速休日割引の縮小をどう乗り越えるか?が大きな問題となりそう。平日は割引ナシという過酷な現実がつきつけられる。それだけスノーボードと高速道路は結びつきが強い。
他のアウトドア系スポーツ業界全般においても、この変更は大きな向かい風となり得る。観光業だって同じだろう。先々、廃止なんて事にならなければ良いが・・。
インドア派が増えるのもやむなし、か。

元々世界一高いと言われる日本の高速道路。ECTを利用した姑息で複雑な割引制度などではなく、基本料金自体を今の半額程度に値下げして欲しいものだと思う。基本無料の米国のFreewayには逆立ちしても勝てないが、半額にしてやっと世界標準クラスの価格設定なのでは?と感じる。それを実現するためなら、道路脇に広告看板が並んでも良いと思うし、「●●リゾートホテルここで降りる」なんて標識があっても構わないと思う。トヨタ中央道とかSONYインターチェンジだってアリだ。
安全を引き替えにはできないが、このご時世それくらいやって当然と思うのだが、いかがなものだろうか。


posted by hide at 23:45| 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

極ショート丈ボードショーツ

HURLEYのBPシリーズと言えば、今やHURLEYの代名詞とも言える大人気ボードショーツシリーズ。そのBPに今期、新たに16インチ丈がラインナップされた。BP16inch-RED.jpg

これまで長い間、22インチ丈が主流であったボードショーツ。だがここ数年で、急激にショート丈化が進んでいる。アパレルブランドは別として、昨年まではメンズのボードショーツは18インチあたりが一番短いものであったと思う。それが16インチと聞いて、短すぎやしないか?と思ったのは私だけではないだろう。仕入れようか、散々迷ったのも事実なのだ。

とりあえず画像を見てもらいたい。
どちらもBP HEATHERの16インチモデルだ。履いてみたところ、素直にこれはアリだ、と思った。ギリギリまで下げて履いているが、拍子抜けするほど普通に見える。BP16inch-GRN.jpg本当に16インチ?と疑問に感じるほど。これならロングやレトロなら間違いなくオススメしたいところ。ショートボードならスタイル的に、同じBPでも19インチモデルの方が合っているかも知れない。だが、もし普通の海水浴や水遊びなら、私ならこの16インチを選ぶだろう。普段履きにしても涼しいし、ヒラヒラしないので鬱陶しくない。
このBP HEATHERは霜降り生地を使用しているため、色がシャーベットカラーに見える。明るくて夏らしいのでBPの中でも特にオススメだ。16インチ丈はオレンジ、ネオングリーン、アクア、レッドの4色入荷している。19インチ丈もコマンド、オレンジ、レッドが入荷している。
実物を前にして、今年もHURLEYのボードショーツはなかなか良い出来だと感心している次第だ。

この先、メンズボードショーツの丈は一体どこまで短くなるのだろう。女子では普通の、ケツが見えそうなショート丈まで突き進むのだろうか? 私としては丈の長さよりも、全体の幅をもう少し細くする方向でお願いしたいと思うのだが。ピタピタはさすがにいただけないが、せっかくこれだけ伸縮性のある生地なのだ、もう少し身体にフィットするシルエットでも問題ないと思うのだが、いかがなものだろう。

余談だが、近頃HURLEYのボードショーツの偽物が結構出回っている事に驚いている。人気のバロメーターと言えばそれまでだが、詳しくない人にとっては判断が難しいとろこだろう。過去の古いプリント柄などを利用しているので、分かる人には一目瞭然で分かるものだ。
簡単な判断方法としては、市場価格に対し安すぎる商品、モデル名や年式などを表示していない商品は避けた方が無難。まぁ当店でご購入していただければ、そんな心配はいらないのだが(笑)


posted by hide at 18:28| サーフ系ブランド&アイテム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

オークションストアへ

yahoo.jpg

GWは1日だけスノーボードに出かけたものの、ほぼストア出品への引っ越し準備で終わってしまった。さて、いよいよオークションストアへの移行開始だ。

急ごしらえのページレイアウトで、まだ完成にはほど遠い状態であるが、とりあえず商品が出品できるようにはなった(商品検索のリンクなどは後々設置予定)。だが個人出品からストア出品に商品を移動させるのは1点1点の手作業で、全てレイアウトを変更せねばならず、かなりの手間がかかる。また、これまでと出品手順なども全く異なるためため、これまでの商品を再出品するだけで、膨大な時間がかかりそうな気配。しかし、そろそろボードショーツやウエット類など夏物が入ってきてしまう頃。新商品の入荷までには、引っ越しを全て完了させておきたいところ。頑張らなくては・・

今後、出品物には全て消費税をご負担いただく事になる。近い将来には10%になると言われているものを、これ以上こちらが負担し続けるのは現実的に無理なのだ。どうかご理解いただきたい。
5月中頃までには、ウエット類、ボードショーツ類などお買い上げいただける体勢を整えたいと思っている。
今後ともライドショップハイドを何卒よろしく!

posted by hide at 15:26| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。