2010年08月15日

真冬のスキムボーダー



愛知県渥美半島の根元、浜松寄りの寺沢という海岸は、東海地方のスキムボーダー達が集まる浜として知られている。そこは豊橋ローカルにポピュラーな、サーフポイントでもある。総じて伊良湖と称される渥美半島一帯に点在するサーフポイントの中で、スキムボーダー達が集まるのはここだけだ。
助走をつけるだけの十分な幅を持った浜辺である、という事がスキムに適した第一条件である。さらにそれが速度が落ちない適度な斜度を伴った砂地であればOK。だがスキムのポイントとしては、大きな波が波打ち際でブレイクする場所である事が重要。あの辺り一帯は波打ち際からほどなくドン深になっているため、その条件を寺沢は満たしているようだ。
探せば他にも適した浜はあるのだろうが、サーファーや釣人の邪魔にならないよう、暗黙の了解という感じで、そこに集まってくるのだと思う。また豊橋から最もアクセスが良いという事も大きい。その人数も、ここ数年で随分増えているような気がする。

先日、この浜でスキムボードのイベントが催されており、東海地方はもとより関西からも多くのスキムボーダーが集まっていた。波乗りに行った際に偶然居合わせただけで、特にこのイベントを見に行った訳ではない。サーフィンと違いスキムボーダーには女子が多いこともあり、華やいだ雰囲気を羨みながら、海上がり、着替えがてらぼんやり眺めていたのだ。

一般的に、スキムボーダー = サーファーという図式は、ほぼないと考えて良い。波に乗る快感を知っているサーファーであれば、板に乗り沖に出る。全てではないが、私の知っている限り、スキムボーダー = スノーボーダーというバターンが多い気がする。
コアなスキムボーダーになると、打ち寄せる波に当て込むだけではもの足りず、砂浜の潮だまりや流れ込む小川にBOXやレールを設置し、擦りを楽しんでいる。(波に当て込むボードと擦り用ボードでは板の種類が違うが) それはまさにスケートやスノーボードのノリ。BOXを囲んでワイワイキャァキャァ、冬のスノーパークと同じ光景がそこにはある。

冬はスノーボード、夏はサーフィンとういライフスタイルの人は一般の人が思うより、圧倒的に少ない。それはサーフィンが体力勝負のスポーツである事が大きな要因だと思う。上半身スポーツであるサーフィンは、下半身スポーツであるスノーボーダーにとってかなりキツイ。また正直、サーフィンは少々とっつき難い。上達にも時間がかかる上、初心者のうちはローカルルールやらなんやら、億劫な事も多いだろう。
一時期、ウエイクボードにスノーボーダー達の視線が集まった事があった。だが、ボートに引っ張ってもらわなければならないため、ボートの油代が結構かさむ。この時代には少々合わなくなってきた上、少人数で遊ぶ事ができないのもウィークポイントのようだ。
そこで、もっと気軽に楽しめるボードスポーツとしてスノーボーダー達が目をつけたのが、スキムボードだった。擦りのテクはスノーボードに近いものがある上、舗装路でのスケートのように転んでも大怪我には至らないため、女子でも気軽にトライできる。スノーボードのパークでの遊び方自体が、エアーからJIBへと変化してきた事も、スキムボードへ興味を抱くきっかけとなっているだろう。
ボードショーツやラッシュガードなど、ファッションを楽しめる点もスノーボードに通じるものがある。うちのようなショップには、とてもありがたいムーブメントだ。夏に何もスポーツをしていないスノーボーダー達には、是非トライしてもらいたい。さらっと擦るだけならば、都会でも浅く細長い溝に大きなビニールシートを敷き、水を溜め、自作BOXを置けばプレイすることは可能だ。



夏にはちらほら目にするようになったスキムボーダーだが、寺沢海岸で冬に練習している人をまだ見たことが無い。温暖な地域と違い、その多くがスノーボーダーであるため、冬はゲレンデに行ってしまっていると考えられるが、それにしても1度くらい見かけても良さそうなもの。寒いからだろうか? いや、寒いのはサーフィンも同じだ。寒い思いをしてまでやる程、のめり込むものではないのか? あくまで夏の遊びと考えているからなのか? いや、もしプロになってやろうという人ならば、一年を通して練習しなければ、人目を引く程のクオリティのライディングは難しいだろう。ただそんな意気込みの人は、さっさと南に移住してしまうからかも知れない。しかしスキムボードだけで飯が食えるような環境は、よほどの事がなければ難しいとは思うが。

セミドライのウエットを着用し、ブーツとグローブをして真冬に一人で黙々と浜を走る、そんなスキムボーダーは寺沢海岸には現れないのだろうか? もしそんな奴がいたら、サーフィンで海から上がる際に「お疲れ」と、親しみを込め声をかけさせてもらいたいと思う。

posted by hide at 11:07| Comment(2) | TrackBack(0) | スノーボードライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまたま通りがかりにブログを読ませていただきました。冷静な目でスキマーを見て頂いているようでちょっと嬉しくなりましたよ(そうじゃないサーファーさんが昔は多かったもので、、、)。

ちなみに、冬もやっているスキムボーダーは結構いますよ。寺沢にも10年以上前から居ます。もっとも絶対数が少ないのと風が強いとボードが飛ばされてテイクオフ出来ないのでなかなか遭遇出来ないかも。
Posted by スキム野郎 at 2010年08月25日 01:41
コメントありがとうごいます。
スキムボード嫌いじゃないです。いろんな海の楽しみ方があっていいと思います。いつも海からあがって着替えながら、ぼんやり見ていますよ。楽しそうだなぁ〜と。
私も冬は伊良湖の赤羽根方面で入る事が多くなるので、寺沢にあまり行かない事も、遭遇しない原因の一つではあるんですけどね。でも遭遇するのを楽しみにしてます。
スキム野郎さんも頑張って下さい!
Posted by hide at 2010年08月25日 07:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。