2015年03月31日

提督になってみた

SENDAI.jpg

今、巷で話題のブラウザゲーム、艦隊コレクション。通称「艦これ」をやってみた。
スノーボードシーズンは始めたくても出来なかったが、これからは少しは時間に余裕が持てる。PC専用のブラウザゲームのため、専用機器やソフトの必要がなく、すぐ始められて手軽だ。何より無料なのが良い。

例えるならこのゲーム、病的なカーマニアが次々と、全財産を使い愛車をエンジンから外装まで高度なカスタマイズを施し、ガレージに並べ悦に浸る。そういう少し屈折した趣のゲームだ。

艦これの人気の理由は多分、課金した成果が結果に結びつくのではなく、運がゲームを大きく支配しているからなのだと思う。艦娘(船)との出会いは、リアルの人との出会いのように全て運任せで、課金すれば強力な手駒を揃えられる訳ではない(そういう方法もあるのだろうが、その必要性を感じさせない)。偶然の出会いが運命を変えていくからこその人気なのだろう。
実際、ゲームは課金しなくても無料で十分堪能する事ができる。仮に課金する事があったとしても、ほとんどの人は三千円前後で楽しんでいるようだ。課金を押さえられるのは多分、ゲームの本質が他のプレイヤーとの競争や、いかに早くゲームを攻略するかではないからだろう。時間をかけ、好みの艦娘を思い通りに育て上げる。育てた娘達で艦隊を組み、クエストを攻略し自己満足に浸る。それが醍醐味。
実際、他のプレイヤーとやりとりするような事も、オンラインでバトルするような事もこのゲームにはない。

太平洋戦争の日本海軍をモチーフとしたゲームは、過去にも数多く存在しただろう。この艦これも船が擬人化されている部分を除けば、同類の海軍ゲームだ。
実際にはこのゲーム、とても難易度が高く、艦隊での戦術や艦種の知識、艦の性能の知識、戦闘機や潜水艦、ソナーなどの機器にいたるまで、海での戦争に関わる全てにおいて非常に深い知識が求められる。またゲームを進める上で、造船や機器製造の必要性があるのだが、素材レシピの微妙な違いで、完成する装備が全く違ってしまうため、攻略ガイドなしには先に進めない。そのため艦これ攻略Wikiをいくつものタブで広げ、首っ引きでじっくりと進めている。
正に萌オタゲーの皮を被った、戦艦オタゲーと言えるだろう。

詳しい事は専門サイトでいくらでも情報が入ると思うので、そちらに譲ろう。
沈没した戦艦武蔵が発見されたというニュース。深夜アニメで艦これが放映された事(アルペジオの方が面白かった)。そんな中の旬なゲームである。まだ未体験な方は是非いかがだろうか。
私の場合、戦艦オタでも萌キャラ好きでもないため、のめり込む事はまずないだろう。飽きるのが先か全クリアが先か、果たして・・・
ちなみに、私のお気に入りの艦娘は現在、那智と川内である(少々ツンデレなキャラ好きかも)。


posted by hide at 01:41| 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。