2016年01月01日

あけましておめでとうございます

皆さんにとって良い1年になりますように

5月に休業宣言をしてから昨年末までに在庫をほぼ売り尽くし、12月31日をもってライドショップハイドを締めくくる事ができた。まだ若干在庫を残しているためYAHOO店は生かしているが、気持ち的には区切りがついた。新年にあたり新たな気持ちで次のステージに向かいたいと思っている。

どうなったかな?と久しぶりに訪問してくれた貴方。気に掛けてくれてありがとう。お互いに良い1年にしたいものですね。頑張りましょう!

HIDE
posted by hide at 12:08| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

休業のお知らせ

THANKS3.jpg

2015年5月いっぱいをもって、ライドショップハイドを休業させていただく事とした。
と言っても在庫販売、保証対応、残務整理などで今年中はこの仕事を続けているだろうが、この夏、冬に新たな仕入れは予定していない。

その原因は一にも二にも、円安に尽きる(当店の商品は全て米国からの自社輸入)。これは自然災害のようなもので、いくら自助努力したところで為替は改善できない。
売り出し価格がすでに原価ギリギリ。経費すらペイできない有様では、商売する意味は無いし、商売しようという意欲すら湧かない。米国からの輸入商売はよほど強気の値段で売れる旬の商品以外、成り立たない時代になったという事だ。
今更国内仕入れに切り替え、一から出直すほどこの業種に勢いと魅力はない。まる16年この仕事を続けてきたのだ、一年間悩み苦しんだ末の大きな決断であった。休業というのは、急激な世情の変化で為替が激変すれば、続ける可能性もゼロではないため、控えめな表現にとどめさせていただいた。

ここまで続けられたのは、商品を購入していただいた皆様、一人一人のお陰。長年に渡りご愛顧いただき、本当にありがとう。
まだ暫くはこの仕事を続けるが、一足先にご挨拶まで。

次の仕事は全くの未定。
「うちで働いてみない?」「こんな商品扱ってみない?」「こんな商売あるよ」などなど、どんな情報でも構わない。お気軽にご一報いただければ幸いだ。しばらくは休養と充電期間に充てようと思っているが、また駆け出しからの再スタートである。

当店は撤退してしまうが、今後ボードスポーツが更なる負のスパイラルに陥らないか、心配である。ただでさえお金のない若者が増えている上、競技人口が激減しているのだ。軒並み並行輸入業者が撤退し、用品の値段が昔に逆戻りするような事になれば、坂道を転がるように衰退していくのではないかと・・・

とりあえず、このブログはこの仕事を続けている内は生かしておき、また気が向けば更新していくつもりだ。


posted by hide at 12:02| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

オークションストアへ

yahoo.jpg

GWは1日だけスノーボードに出かけたものの、ほぼストア出品への引っ越し準備で終わってしまった。さて、いよいよオークションストアへの移行開始だ。

急ごしらえのページレイアウトで、まだ完成にはほど遠い状態であるが、とりあえず商品が出品できるようにはなった(商品検索のリンクなどは後々設置予定)。だが個人出品からストア出品に商品を移動させるのは1点1点の手作業で、全てレイアウトを変更せねばならず、かなりの手間がかかる。また、これまでと出品手順なども全く異なるためため、これまでの商品を再出品するだけで、膨大な時間がかかりそうな気配。しかし、そろそろボードショーツやウエット類など夏物が入ってきてしまう頃。新商品の入荷までには、引っ越しを全て完了させておきたいところ。頑張らなくては・・

今後、出品物には全て消費税をご負担いただく事になる。近い将来には10%になると言われているものを、これ以上こちらが負担し続けるのは現実的に無理なのだ。どうかご理解いただきたい。
5月中頃までには、ウエット類、ボードショーツ類などお買い上げいただける体勢を整えたいと思っている。
今後ともライドショップハイドを何卒よろしく!

posted by hide at 15:26| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

スノーボードのリペア

repair2.jpg

お客様から当店に送られてきた、今期モデルのCAPITA SCOTT STEVENS PRO。
スノーボードのトップとテールは強く衝撃を与えると、このようにトップシートが剥離してしまう事がある。BOXやレールでの強打や滑走中に岩に当たるど、どのスノーボードにも起こりうる、よくある破損。特にトップシートの角が立っていると起こりやすい(ファイルで角を丸めてやると多少リスクは軽減される)。
お客様の滑走による過失のため保証の対象外であるが、当店で買われた板であれば、有償になってしまうが修理させていただく。もちろん私が直すのではなく、信頼のおけるスキー、スノーボードの修理の専門家に依頼しての作業となる。この剥離の場合、5千円前後の修理代金+往復の送料で補修可能だ。
トップシートの剥離だけではなく、エッジの欠けから板のサイドを深くえぐる大きな事故まで、相当なダメージでも修復は可能のようである。お近くにそういった専門店のない当店のユーザーの方は、もし困ったら私までご相談を。

repair.jpg
全てクリックで原寸大
この板の場合、修理期間は3日ほど。ちよっと離れれば全く分からない程度に綺麗に治っている。割れた傷跡は残るが、ステッカーでも貼れば気にならないだろう。直接滑走には関係のない部分なため、今回の補修では乗り味は全く変わらないし、後々剥がれてきたり浸水したりする心配もない。
リペアをして乗り続けていただけるというのは、販売した者としても嬉しいものなのである。

repair3.jpg


posted by hide at 14:01| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

重要なお知らせ

★消費税UPについて★
4月からの消費税率UPに合わせ、当店もいろいろシステムが変更となる。
これまで内税表示とはいえ実質、消費税分は当店が負担する形で営業したきた。しかし昨年からの急激な円安により、仕入れ価格は20%強の上昇。これに加えて消費税8%をそのまま負担する事は、とても出来そうもない。激安でければ商品が動かないため仕方ないのだろうが、商品が売れているにも関わらず、正直、本人もビックリするくらい儲かっていないのだ。今後はインフレに向かうとされるが、デフレ末期の苦しさを思い知った気がする。
そんな訳で、4月からは外税表示を導入し、商品価格+消費税をお支払いいただく事にするつもりだ。実質、消費税分の値上げという形となるが、何卒ご理解いただきたい。と同時に、同じく送料にも消費税をご負担いただく。
これまでは全国一律500円の送料で、消費税分を差し引くと実質476円の送料であった。実際、これは相当しんどい値段。これを送料は500円で、税込みで540円という形に。スノーボードは量が多くないため据え置きに。メール便も端数が邪魔なので据え置きとする。
これに伴い現在YAHOOオークションには個人として商品を出品しているが、今後は消費税が徴収可能なオークションストアとして出品する事となる。出品形態が変わる事により、出品サイトの全面リニューアルを行なわなければならない。また商品購入後のやりとりの方法も、YAHOOの用意するストア専用のオーダーフオームに従って進める方法に変更する事になる。
4月1日からいきなり全てをがらっと変える事はできないため、ストア登録が完了し次第、1ヶ月程度時間をかけて少しづつリニューアルしていくつもりだ。

★エンジョイチケット廃止★
消費税のUPと同時に、もう1つ重要なお知らせがある。
現在、当店でお買い物していただいた際に発行しているエンジョイチケット発行のサービスを、3月31日をもって終了させていただく。現在、楽しみに溜めていただいている方もいると思う。そこで1年間の猶予を設け、現在お手元にあるチケットを枚数に関わらず使用できるようにする。1枚50円分の割引。20枚持っている人は千円の割引となる。ただし50枚単位以下の使用の場合、5,000円以上の商品に限り使用可能とさせていただく。チケット利用サービスは2015年3月31日まで有効とし、それ以降はチケットの使用は無効とする。
かれこれ10年近く続けてきたサービスだが、利用方法が面倒であったり、還元されるのが当店の商品の割引に限っていたりと、ユーザーにとって利便性の高い物ではなかったかも知れない。今後はYAHOOでTポイントの利用が可能になったため、Tポイントによる還元を考えている。今すぐとはいかないが、体力が回復し次第、実行できればと思っている。

何か他に変更するシステムなど出てきた場合は、追ってお知らせする。4月からはいろいろ手探り状態が続き、しばらくは混乱すると思うが何卒ご理解いただきたい。
今後ともライドショップハイドをよろしく!

posted by hide at 11:17| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

13/14 holden入荷!

holden.jpg

今週の土曜、やっと、本当にやっとholdenの今期モデルが入荷する。
今週末はパンツ中心に。来週の入荷はジャケット中心の入荷になる。画像を用意するのに少し時間を要するが、この時期である、超特急で進めるつもりだ。もし、お急ぎで、すでに決めているモデルがある場合は、ご連絡をいただければ迅速に対応する。

スノーギアは早い時期から売れ行きが良い年と、後半型の年がある。これまでの商品の動きを見ていると、どうやら今期は後半型のようだ。毎年同じ傾向が続くことは希で、昨シーズンは前半型だった事からも、今期はエンジンのかかりが遅いと覚悟し、取り組んでいかねばと思っている。
もし今期が前半型であったなら、このholdenの入荷の遅さは致命傷だが、後半型ならまだ救いようがある。入荷アイテム数は他の取扱いブランドよりグンと多い。だから考えると不安になる。あまり考えないようにしているが、これからが本当に正念場だ。

holden2.jpg


さて、少し違う話題を。
最近の若者はインドア派が多く、旅行など興味がない人が多いと思っていたが、20代の76.3%の人が2年以内に国内旅行を経験しているという。そして一泊以上の趣味を伴う旅行についての2年以内の経験は、1位「スキー・スノーボード」、2位「野外フェス・ライブコンサート」なのだという。
ソース元(2013.8月の記事)↓
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130820-00551996-mynaviw
スキー・スノーボードに関しては、今後ますます増加する傾向にあるという。
この記事の信憑性は分からないが、相次ぐゲレンデの閉鎖など、何かと暗いニュースが多いこの業界。ほんの小さな、些細な記事であるが、少しだけ明るい気分にしてくれた気がする。

確かに、スノーボードを兼ねた温泉旅行は超楽しい。彼女をお泊まり旅行に誘う口実には、これより有効な手段はあるまい。一日滑り終えてからの温泉は、何にも代え難い天国感がある。彼女との初のお泊まり旅行であれば、夜はさらに上の天国感が味わえるだろう。
北海道パウダー三昧旅行なども楽しいだろう。本州の重バウとは喰い応えが違う。更に北海道は飯も美味い。行かないのは損と思えるほど、片道1万円とか、航空運賃は昔に比べれば驚くほど安くなっている。
今期、貴方はスノーボード旅行をする予定は立てているだろうか?
予算がない? いや、お金なんて何とでもなるもの。行きたいと少しでも思った時、行ける行動力のある時にやっておかなければならない事もある。それは必ずいい思い出になるハズだ。思い出は財産なのだよ、若者よ。
そんなスノーボードの旅行のお供のギアを、当店で用意していただければ、こんな嬉しい事はない。

posted by hide at 12:45| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

13/14 CAPiTA入荷!

CAPITA.jpg

入荷の遅れていたCAPIAの未入荷分がやっと入荷した。

入荷した板を整理していて気がついた。
「あれ、ULTRAFEARの147cmが見あたらない」と。
伝票を見ると確かに147と明記されており、数え直してみても入荷総本数に間違いは無かった。何かが間違っているに違いないと調べているうち、ULTRAFEAR149の本数が注文より多い事に気がついた。きっと147の注文分が、149にすり替わって届いてしまったのだろう。と諦め、収納するため一旦壁に板を立てかける。
「ん? 同じ149でも長いものと少し短いものがある?」
不審に思いサイドウォールを見ると、47と明記されている。どうしてなのかは分からないが、147と149が同じグラフィックなのだ。
慌ててカタログを取り出し確認してみると、カタログの147は当店に届いているものとは違うグラフィックが描かれていた。
確かに、過去にもCAPITAでは似たような事があった。
昨シーズン、通常のSTAIRMASTER EXにワイドバージョンのグラフィックが載っかって届いたのだ。確かに今期のULTRAFEARは、149のグラフィックが最も大きくクローズアップされており、個人的には147より格好いいと思っている。ただ、お客さんにこういった事情を説明しなければならない手間を考えると、複雑だ。生産された147の全てで仕様変更がなされ、当店にあるものと同じグラフィックしか存在しないのなら説明も楽だが、これがレアケースで当店だけの特別仕様であるならば、どう理解を求めたら良いのやら。カタログ通りのグラフィックが良いという人もいるだろう。本当にメーカーにはしっかりしてもらいたいものだ、と思う。
という訳で、当店でULTRAFEARの147をご検討中の方へ。そういった事情のため、当店のULTRAFEAR147は特別仕様(笑)の149グラフィックが載っています。ご理解の上お買い上げを。

SCOTT STEVENS PRO
何故ULTRAFEARと同じ値段で売らなければならないのだろう、と不思議に思う。ご存じの通り昨シーズン、ULTRAFEARの特別仕様モデルとして発売されたこのモデル。今期は単体でレギュラーモデルとなった訳だが、ULTRAFEARの特別仕様というコンセプトは変わってはいない。特別仕様というからには、性能も上がっているし、コストもかかっている。ULTRAFEARとは別のモデルになったのだから、性能を上げた分、板のランクを分かりやすくする為にも、定価を上げる事は悪い事ではなかろう。逆に言えば、SCOTT STEVENS PROはお買い得である、という事になるのだが。
サイズやシェイプ、コア、ソール形状など、基本ULTRAFEARと同じ。ULTRAFEARとの違いはと言うと、前と後ろのビス穴に沿うように、トゥ側とヒール側にカーボーンロッドが仕込まれている点。これにより、ライダーの意志がより素早くボードに反映されるようになった。だがフレックスに関しては両モデルに差はない。
もう1つは、ULTRAFEARではスタンス幅の長さで、トゥエッジとヒールエッジ部分のサイドウォールの最下層部に、1.5mm厚の衝撃吸収ラバーが仕込まれているのだが、このSCOTT STEEVENS PROではボードのアウトライン全てに拡張されている。これにより、より振動と衝撃吸収に優れたモデルとなっている。
このように乗り心地が良く、反応の良さを目指したUPグレードが行われているにも拘わらず、値段は変わらないのだ。しかもデッキには、CAPITAには珍しくラメ入り塗装まで施されている。これではULTRAFEARの立つ瀬がないではないか。

その他、完売していたDOA150は追加入荷。OUTSIDERSの未入荷サイズも入荷したのだが、オーダーしていた数も少なかったため、152と156が即日完売。今が一番板の動く時期である。人気モデルはお早めに。

シーズンインはもう目の前だ。今年の冬は豪雪になるとの大方の予想。ボーダーの皆さん、準備はもうお済みだろうか?

posted by hide at 03:53| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

13/14 TECHNINE入荷!

T9-TRROW.jpg

毎年の事だが、T9のウエアは製品の出荷が遅い。
T9とholdenは毎年最終ランナーを競うブランドであるため、まだこの時期であれば意外と早かったかも、などと思ってしまう。毎年入荷の早いVOLCOMと比べると1ヶ月半も遅いのだが、慣れというのは恐ろしいものだ。
しかし、今期のholdenはどうなっているのやら・・・

さて、スノーウエアではすっかりB系ファットスタイルのトップブランドになった感のある、T9。その地位に躍り出たと言うより、他のブランドがスリムなスタイルに移行していく中、ブレる事なく突き進んできた結果として、自然とそうなっていたという印象。T9を選択するスノーボーター達も、時流に流される事無く、自らのスタイルを貫き通している猛者ばかりであろう。

より多くの人に受け入れられるスノーブランドへと、舵を切った感のあるNOMIS。先シーズンまで同じ工場で生産されていたT9はどうなのだろう、と興味津々であった。しかしやはり、T9はT9であった。手元に届いた製品は、基本、先シーズンと変わっていない。むしろT9にはその方が合っているように思う。生地の柔らかさや軽さ、肌触りなどより、BOXやレール、ストリートなどで傷まない強さの方が、このブランドにとっては大事。ウエアを手に取った時のしっかり感が、どう使いこなす道具なのかを、如実に物語っている気がするのだ。
BIGLOGO.jpg

THROWBACK JAKET(NAVY/RED)
BIG LOGO TEAM JAKET(RED、THROWIE PRINT)
UTILITY PANT(ATHLETIC GREY/NAVY、WHITE/BLACK)
CHINO PANT(THROWIE、DESERT TIGER、RED、NAVY)
NINES DENIM(BLACK、INDIGO、GREY)
などが入荷。
今期もJSLVのパーカーにT9のパンツは鉄板の組み合わせ。是非!

posted by hide at 19:52| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

13/14 SMOKIN入荷!

SMOKIN.jpg

別に死ぬほど腕に力を入れている訳ではない。普通にグッと押し込むと、こんな感じでベロンと曲がる。確かにかなり柔らかい板だが、昨シーズンのROME BONELESSのように、頼りなくクニャ〜ッと曲がるものとは違い、しっかりと反発のあるいい感触の柔らかさだと思う。

SMOKINのHOOLIGANとSUPERPARKが入荷した。
HOOLIGANはジブ・バークを楽しみたいライダーをターゲットに開発されたモデル。当てて、擦って、プレスして、バター。中低速でメロウにまったりバークを流したい人にオススメ。
144〜152cmまでのサイズは、ウエスト幅とスタンス幅が同じに設定されており、画像の板は144cmの全長に対し、ウエスト幅は24.7cmもある。多分、体重が軽ければ175cm位までの人なら乗れるだろう。これは身長にかかわらず、短い板に乗るのがバーク好きの間での流行のため、それに対応したもの。ジブやグラトリでブンブン振り回したい人にはオススメだ。
フラット+ロッカーのソール形状とマグネトラクションの効果により、どんな地形でもこなせる能力は持っているため、フリーも考えるのであれば長いものを選択すれば対応可能だろう。

SUPERPARKはパウダー、フリーラン、パーク、場所を選ばず安心してどこでもガンガン行ける、オールマウンテン対応のスタンダードモデル。中・高速域で使用する事の多い、中・上級者のフリー&パークボードだ。
今回入荷したのは日本未発売の、トラディショナルキャンバーモデル。ロッカー人気が落ち着き、キャンバーモデルの良さを見直す風潮が高まっている事もあり、わざわざ仕入れた次第。
やはりトラディショナルキャンバーの良さは、反発の強さとエッジの食いつきの良さに尽きる。オールマウンテンでオールマイティーなこのモデルには、トラディショナルキャンバーは非常に合っているのではないだろうか。
奇をてらった妙な形状の(売ってる人が言っちゃいかんなw)ソールより、潔くトラディショナルキャンバーを選んだ方が、絶対扱いやすいと思うのだが。

SMOKINのボードは結構良いソールの素材を使用しており、どちらのモデルもシンタード6000。さらにSUPERPARKはソール素材にテフロン加工を施しているようだ。これらはCAPITAの上位機種よりもいい素材である。が、いかせんソール面の最終仕上げが粗過ぎる。そのためこのまま使用した場合、滑らないソールというレッテルを貼られる事は確実である。使用する前に一度、チューニングショップでソール面をサンディングし、ひと皮剥いてからワックスを入れてやると、ビックリするほど変身する、とはチューニング屋さんの弁。ご購入検討の際はそれを頭に入れておかれてはと思う。

posted by hide at 15:00| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13/14 NOMIS入荷!

NOMIS1.jpg

NOMISのスノーウエアが入荷した。
アイテムは多くはないが、気になる方は是非チェックを。
今期は価格が全て改定され、昨シーズンに比べると定価は大幅にプライスダウンしている。ではその分クオリティも落ちているのか?と言えば、その逆で、素材感やシルエットなどこれまでで1番良い出来なのでは?と思っている。そう、かなりお買い得になっているという事だ。

これは私の単なる推測に過ぎず、事実とは異なるとは思うが、今期のNOMISのウエアを触って感じた事がある。ひょっとして生産工場を変えたのかな?と。そしてその工場は最近まで、VOLCOMのウエアを作っていた中国の工場なんじゃないだろうか?と。
大した根拠はない。以前のVOLCOMは工場から出荷されるウエアの畳み方が独特で、他メーカーとは異なる方法をとっていた。今回のNOMISは、それと同じやり方で畳まれていた事。またそのウエアを収納したメーカーのビニール袋の密閉の仕方が、VOLCOMと同じ方法であった事。ラインナップにVOLCOMお得意の、立体裁断によるENGINEEREDパンツがラインナップされている事。これまでのウエアに比べ、パンツのシルエットの良さを含め、仕上がりがとても丁寧でこなれた感じが漂っている事。
これらの事から、もしかしたら・・と勘ぐってみたのだ。以前のVOLCOMのウエアのクオリティの良さは周知の通りだが、まぁそれだけ今回のNOMISのウエアも良くなっている、という証拠でもある。

全国相手に通販を行っていると、地方によってブランドの人気の違いが感じられたりする。正確にカウントした訳ではなく、あくまで印象程度の事だが、NOMISは北海道地区などで人気が高い気がする。目の肥えた雪国の人達に愛されるのだから、これはブランドとしてプラスイメージだろう。
ブレイクから数年が経過し、これからがスノーブランドとしての勝負の時。今回のように戦略的な価格を打ち出し、製品のクォリティUPなどの努力を続けて行けば、しっかりとした地位を築けるのではないか、と入荷したウエアを着てみて感じた次第だ。

さてNOMIS以外にも、本日はTECHNINEのウエアやHOWLのグローブなどが入荷予定。
お楽しみに!

posted by hide at 10:21| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

それはスノーボードショップ??

CAPITA.jpg

今期は昨シーズンに比べ、スノーボードの入荷が遅れている。

何でもかんでも、入荷が早ければ良いというものでもない。
昨シーズン、CAPITAなどは驚くほど早い時期に入荷したのだが、その多くがビス穴の不良に見舞われ、大変な思いをした。ビンディングのネジが穴に入らないという、前代未聞のトラブルに見舞われたのだ。ビス穴の径が微妙に小さく、無理にねじ込むと山が潰れて抜けなくなる恐れがあった。入荷した板の半数くらいの割合で、不具合が生じていただろうか。
結局、私自らの手でビス穴のネジ山を新たに切り直し、スムースにネジが入るよう処置を施して対処した。それにはネジ専門店さんや工具屋さん、チューニングショップさんなどその道のプロ達が親身に相談に乗ってくれ、適切なアドバイスをいただけたおかげである。
何本か販売した後にこの事が発覚したため、販売してしまった物はお客さんに確認してもらい、不具合のある物は送り返してもらって対処した。一年で最も忙しいシーズンイン直前であったため、本当に大変であった。

初期出荷の製品にトラブルが多く出ていたため、CAPITAにも苦情が多く寄せられたのだろう、2回目、3回目の入荷では、ラップしたビニールの上からビスを入れて確かめた跡が見られ、トラブルは収束した。今期入荷したものの中にも、ビス穴を確認したものが入っていた。きっと生産された時期によるのではないだろうか。
今期CAPITAの板の入荷が遅れているのも、生産段階でのそういったトラブルへの対処によるものでは?と想像しているのだが、果たして真実は・・

世の中の並行屋さんが皆、当店のような商売をしている訳ではない。いや、ひょっとしたら、うちのような並行屋が希なのかも知れない。鍋やフライパン、靴、ゴルフクラブなどと一緒にボードを売っているWeb Shopもあるご時世だ。スノーボードの知識もなく、売りっぱなしも多いと思う。特にオークションでは。
単に売り手の意識のレベルの問題であるが、そういった店で買うにはある程度リスクもある、という事は覚悟しなくてはならないだろう。果たしてそういうお店も、スノーボードショップと呼ぶのだろうか? また、買う側は1円でも安ければ何処で買おうが、どんな店だろうが気にしないのだろうか? まぁそれがネットというものか・・・

さて、まだ未入荷のCAPITAのUltrafearやScott Stevens Pro。人気の2機種だけに待っている人もいると思う。11月初旬から中頃までには入ると思うので、今しばらく待って欲しい。
「って、お前が持っているのはUltrafearじゃねぇのかよ」
と声が聞こえてきそうだが、いや、いろいろ事情があるんですよ、ハイ。
その他、現在入荷しているモデルでも、まだ入ってないサイズあり。またSMOKIN、SIGNALなどもCAPITAと同じ頃には入る予定。SMOKINは日本未発売のSUPER PARKのキャンバーモデルもアリ。
どうかお楽しみに。

SURFING関連で1つ告知。
HURLEYの新作フルスーツが入荷。商品はまだ米国にあるため、販売日は未定。
HURLEYはこの秋からウエットスーツを総リニューアルしたため、生産が大幅に遅れている模様。9月に入ると説明を受けていたものがやっと入荷の有様。注文した半分しか届いていないため、各サイズ1枚きりの早い者勝ち。

posted by hide at 23:29| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

ステッカーのお知らせ(改)

(以前UPした記事の更新です)
この時期になるとお問い合わせの多い、スノー系ステッカー。
しかし、この時期はスノーギアの入荷ラッシュで超忙しく、正直ステッカーにまで手が回らない。実店舗ならばショーケースにポンと置くだけだろうが、ネット販売となると、販売にかかる手間は板やウエアと変わりない。現状では本腰でステッカーを売る気は無く、サービスでお客さんにあげてしまう物がほとんど。そんなこんなでHPのステッカーコーナー更新も全く手つかずのまま、しかもPCの買い換えに伴ってソフトの関係上、更新ができなくなってしまっている始末・・・

AB-ST.jpg

さて、先日からAIRBLASTERのステッカーのお問い合わせを何件かいただいた。HPを更新できないため、今期入荷してきた在庫をこの場でUPさせていただこうと思う。画像をクリックし、もう一度クリックすれば原寸大表示されるハズだ。ご希望の方はメールにて、ブランド名と番号、枚数をお知らせを。枚数には限りがあるため、先着メール順で。また、今期より送料をメール便160円に変更しています。メールいただいた後、在庫状況やご入金金額、振込先をお知らせします。
またAIRBLASTERの今期DVD「COME WILD」を1枚500円で(4枚限定)。未開封です。ただし米国版なので字幕ナシ。送料はメール便160円です。

AB-ST2.jpg

ついでにCAPITAのステッカーもUP。現在、CAPITAの板は半分程度しか入荷していないが、ULTRAFEAR、SCOTT STEVENS PROなどそろそろ入荷する予定なので、待っている方はお楽しみに。

CAPITA-ST.jpg

現在、13/14モデルの入荷最盛期。毎週新商品がどっさり届いているが、UPが全く追いついていない状況。頑張って作業しているので、もうしばらくお待ちを。何とか11月半ば頃までには全商品UPし終われば・・と思っている。

★11月8日更新
その後お問い合わせがあり画像撮影したのでUPしておく。まだ全体の一部なのだが・・・
■CanduGrind■
CG-ST1.jpg

CG-ST2.jpg

CG-ST3.jpg

CG-ST4.jpg

■SABRE/SPACECRAFT■
SABRE-CRAFT.jpg

■NEFF■
NEFF-ST.jpg

■SNOWBOARD BRABD■
BOARD-ST.jpg



posted by hide at 13:10| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

AIRBLASTER入荷!

GRUMPY.jpg

本日、AIRBLASTERのスノーウエア、ビーニー、マスクが入荷。
昨シーズンからグンと縫製のクオリティが上がり、自信を持ってオススメできるブランドになったエアブラスター。細身のシルエットが好みの方は気になるブランドだろう。やっと今期ウエアが到着した。
何と言っても当店今期の1番のオススメは、GRUMPY JACKET。NICK DIRKSシグネチャーのこのモデルは、細身のロング丈シルエットで、タウンウエアっぽく仕上がっており、格好いいの一言。同じくNICKのシグネチャーモデルのSTEP-SISTER PANTやSISSY PANTなど、細身のパンツによく合うシルエット。細身のロング丈は女子では当たり前のスタイルだが、今後は男子でも常識になるだろう。それほど格好いい。
インサレーションタイプのため、ハイシーズンはとても暖か。春は薄手のバーカーにでも着替えると良いだろう。
Black、Olive、Sand、Burgundy、2Tone Twill、Air Blueの全6色が入荷している。サイズはXS〜L。SとMは全色あるが、XSとLはSandと2ToneTwillのみ。価格は31,200円也

GRUMPY2.jpg
クリックで拡大

ABはパンツも含め、現在急ピッチで出品作業中!
その他ブランド、今期モデルまだまだ続々入荷します!

posted by hide at 17:20| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

BATALEONとSLASH入荷!

BATALEON.jpg


本日、BATALEONとSLASHのスノーボードが入荷。
BATALEONはGLOBALWARMER、EVILTWIN、BOSS、FUNKINK、WHATEVER、CAMELTOE、FEELBETTERが入荷している。
どのモデルもフレックスの感触がとてもいい。ブランドとして全体的に柔らかめのフレックスが多い印象。柔らかくてもハリがあり本当に扱いやすそうだ。TBTという他社にはない個性的なソール形状であるが、このフレックスであれば手こずる事もないだろう。これまでそれなりにスノーボードを続けてきた経験者であれば、1日もあれば慣れるであろうし、その恩恵を引き出す事も容易。
基本キャンバーボードである。しかし、トラディショナルキャンバーと比べ、ここが違うだの、ここが変だのと、違いをつついてダメ出しをしていては、このボードは貴方の味方にはなってくれない。ロッカーボードほどの違いはない。あまり身構えずに受け入れる気持ちで乗ればきっと、これまでのキャンバーとはちよっと違う、美味しいプラスαを体感させてくれるだろう。

SLASHに関しては以前このブログでご紹介したが、展示会で触れた時の印象と入荷してきた板の印象が異なるため、改めて記載しておきたい。
展示会の板は試作品で、実際に生産される物とは別物。実際に生産されるとなれば、量産に適した素材や製法に変更される場合もある。また、商談ではトップシートとシェイプだけ分かれば良いと考えるメーカーもあるため、中身は適当に作られている場合もある。その事は分かっていても、つい触った時の印象が強く残ってしまうものだ。

展示会で触れた時は思いの外しなやかで、これなら日本のゲレンデユースでも大丈夫なフレックス、という印象だった。だがやはり完成品は、ヨーロッパのブランドにありがちな、しっかりとして強いハリのビッグマウンテン指向の板であった(同じNIDECKER系のYESと似た感じ)。売っている者が言う事ではないが、正直、私などでは硬くて楽しめそうにない(展示会での私の記事を参考に他店で予約した人、申し訳なく思います)。
だが、使う場所やユーザーの技量がマッチすれば、これはこれで強力な兵器となるであろう。柔らかくて扱いやすい楽チンなボードを求めている人には不向きだが、ちやんと板が踏める技量があり、板に対してハイスピードへの対応を求める中・上級者には向いている。高度なフリースタイルボードという印象だ。
モデルはATVとHAPPY PLACEが入荷。
■ATV
きっとガチでギギのシグネチャーなのだろうと感じた。それほど硬い。だが今期のトランスワールド誌のベストウッドボードと、スノーボードマガジン誌のPLATINUM PICKに選ばれるなど、評価は高い。ジャンルはオールマウンテンのフリースタイルボードである。フリーランメインの方には良い選択だろう。またソールやコアなど、非常に良い素材を使用している割に、価格がお値打ち。だが番手の高いシンタードは諸刃の剣でもある。デリケートで、メンテを怠ると逆に滑らなくなってしまうのだ。そのあたりも考えた上で、購入を検討されたし。
■HAPPY PLACE
ツイン形状のフリースタイルボード。10の3というフレックス表記だが、実際は10/5という感じだろう。グラトリ向きではないが、バーク全般を流すには良さそうで、前後のキックがしっかりとあるのでオールマウンテン的な使い方でも大丈夫だろう。

まだまだ新商品続々入荷予定!


posted by hide at 15:17| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

ボードショーツセール

TAPE.jpg

今年の夏は例年になく暑い気がする。
海に入っていても高い海水温と強烈な日差しのせいで、ボードショーツとタンクという出で立ちにもかかわらず身体がオーバーヒート気味になる。クールダウンのためタンクの胸元から海水を何度も入れる、なんて事はこれまであまり記憶にない。あと1ヶ月程度は暑い日が続くだろう。ボードショーツが活躍する場面はまだまだ多そうだが、ライドショップハイドではボードショーツ類のセール販売を順次始める。人気モデルや需要の多いサイズはもう随分在庫は減ってしまったが、安いうちに来年用を買うも良し、部屋着用を買うもよし。是非どうぞ。

さて、当の私はというと、昨年新調したRIPCURLのFLEX-FREELINEがお気に入りで、今年も続けて愛用している。というか、続けて愛用しなければならない理由ができてしまったのだ。
このボードショーツは19インチ丈で、現在主流となりつつあるショート丈のシルエット。19インチ丈のモデルを初めて愛用してみたのだが、膝にひっかからない快適さの反面、使用しているうちにショート丈ならではの、困った症状に悩まされる事となった。
これまでの21や22インチ丈のものであれば、波待ちの体勢ではちょうど膝上あたりに裾がくる。当然膝はボードの外側に突き出るため裾はフリーの状態だ。それが19インチとなると、波待ち体勢では腿のあたりが裾になり、裾は板と腿に挟まれる。このため裾の縫い目が腿の裏側に擦れて、痛いのだ。腹這いと着座体勢の繰り返しの上に、座っている間は体重も加わる。1、2時間の入水なら感じないのだが、3時間も入っているとヤバイ。
RIPCURLのMIRAGEシリーズは生地の伸縮性がハンパなく高いため、このFLEX-FREELINEの裾は折り返し部分は、伸縮性の糸でまつり縫いが施されている。この縫い方と糸の太さにも問題があるのかも知れない。
それで対策を考えた結果、縫い目を無くしてしまえばいいという事に気がついた。そう、昨年までのMIRAGE最上級シリーズULTRAのように、熱圧着で生地を接着し縫い目を無くそうというのだ。
そこで手芸用品店に行き、伸縮生地用の接着テープを購入。そう、これはスカートやパンツなどの裾上げに使用するものだ。伸縮生地用はウレタン素材でできており、テープ自体がメッシュ状になっている事で伸びに対して対応している。使用方法は簡単。裾の糸を外した後、織り目の幅に合わせてテープの幅をカットし、アイロンで熱圧着するだけ(細かい使用方法は省略)。

FREELINE.jpg

施工後、何度も海に入ったり洗濯したりしているが、全く問題なし。伸縮性も損なわれておらず、実に快適になった。同じような症状で困っている方はお試しを。ただ、簡単とは書いたが作業にはそれなりの時間もかかるし、面倒である事には変わりはない。こんな作業をしてしまったため、経過観察も含め今年も使う事にしたという訳だ。
製法や材質は違うとは思うが、熱圧着のボードショーツが驚くほど高価なのも少し分かる気がした。


posted by hide at 12:21| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

検索HITはヒットの予感


2013年7月22日の検索ワード一覧

ブログにはそのブログの主しかアクセスする事のできない、環境やデザインなどを設定するページが存在する。こうして新規記事をUPするのも、そのページからだ。その管理者用ツールには、アクセス解析なるものが付属しており、一日に何人のアクセスがあり、どのページが閲覧されたかという情報が分かるようになっている。どこを経由してこのブログにたどり着いたのか、どのような端末で、どんなOSを使って、といった事まで分かるのだが(個人が特定できる情報は開示されていないのでご安心を)、これらはあまり役に立った事はない。
管理者ツールで何よりも利用価値が高いと個人的に思っているのは、検索ワード一覧だ。YAHOOやGoogleなどの検索エンジンでHITし、その検索エンジンからこのブログを実際に訪れた人が、どのような言葉でこのブログにたどり着いたのかが、一目で分かるのだ。毎日、一覧表になって表示されるようになっている。

もし「半沢直樹」や「進撃の巨人」などと、いま巷で注目度の高い言葉を連発すれば、このブログのアクセス数は飛躍的に増えるのだろうか? またその言葉が、検索ワード一覧表のトップ項目に躍り出るのだろうか?
いや、残念ながらそれは無理なようだ。現在の検索ワード結果一覧を見ると、見事にスノーボードとサーフィンに関する言葉ばかりが並んでいる。他にも様々な単語や名称を使っているにもかかわらずだ。これはきっと検索を行った人の「このページを見よう」と選択した結果が素直に反映されているのだと思われる。そう、進撃の巨人の情報が欲しい人にとってアニメ関連のページならいざ知らず「ライダーズブログ」なるタイトルのブログを覗こうなんて、これっぽっちも思わないだろう。サーファーやスノーボーダーでなければ、このブログを訪れる用事はないのだ。だからここで「倍返しだ!」と何度連呼したところで、アクセスが増える訳ではない。検索者の欲しい情報がそこにあるかどうか、が一番のカギとなる。

KEN3.jpg


ではここを訪れたスノーボーダーやサーファー達は、一体どんなワードを検索していたのだろうか? 言い換えれば、どんな情報が欲しいと思っていたのだろうか? 当然、このブログで触れている内容しか検索にはひっかからないので、横ノリに関する全ての情報の中から選ばれたワードではない。偏った情報であることはご承知いただきたい。
もちろん、これは季節によっても大きく変わるもので、夏になればサーフィン関係が、冬にはスノーボード関係の検索が増える。また、1日の検索結果だけ見ても、真実は見えてこない。たまたま同じ人が複数の検索サイトで同じ言葉で検索をし、そして同じようにこのブログにたどり着けば、その検索ワードは一人の人が検索したにもかかわらず複数の人が検索したように見える。また偶然に、そのワードが1日だけお祭りになる、という事もあり得なくはない。
1ヶ月以上の長い期間、安定して毎日のように検索されるワードで、日によっては3、4件の検索がひっかかるような言葉。それがサーファーやスノーボーダーに関心の高いワードである。
現在は夏なので、サーフ系に関するワードが一年で最も多く、全体の約半分を占める。その中でも現在は「FU WAX」が群を抜いてダントツ。他に製品やブランド名では順に「PC-CRV/カーブフィン」「Plasebo」「S-CORE」「hurley」「AVISO」「(LAYZ)ORCA」言葉では「サーフィン」「サーフボード」がもちろん一番多いが(他の単語と組み合わせて使うと思われる)、以下順に「クアッド(トライとの比較)」「積みっぱなし」「超浮力ボード」「EPS」「(激早)テイクオフ」「チェストジップ/ウエットスーツ」などサーフボードの性能やボード選びに関する事柄が多かった。数は少ないが「スキムボード」も夏には安定して検索されている。
意外と多くて驚いたのはカーブフィン。話題になっている商品でもない割には検索が多い。今後流行る兆しなのかも知れない。

スノーボードに関するワードでは「CAPITA/Ultalfear」と「13-14」が圧倒的に多く、その他製品名やブランド名では順に「Bataleon」「smokin」「JSLV」「holden」「Slash」「SIGNAL」「L1」「Ashbury」などと続く。言葉では「スノーボード」を除くと「適正サイズ(身長/長い/短い)」「ジブ・グラトリ」「(フラット/フラットキック/クラッシュ/アンチ)ロッカー」「コーチジャケット」「ボードでサングラス」「マグネトラクション」「パウダーボード」などと続く。また急に今頃になって「BOND」という検索を頻繁に見かけるようになった。ブランド消滅により、何処かのショップが処分セールでもやっているのだろう。購入前の下調べか?と見ているのだが。
これらの言葉から、またこれらの言葉を組み合わせる事で、何となく今年の方向性が見えてきたりする。また、ランキング上位言葉でなくても、ポツポツと目につくようになってきた言葉などは、流行の兆しと疑ってみる価値は十分にある。検索でHITしてくる言葉というのは、現実のマーケットでもHITする事柄でもあるのだ。

検索ワードランキングで、私個人が嬉しい言葉、というものがある。それは「ハイドショップ」とか「ハイドライダーズブログ」など、うちのお店やこのブログを検索して訪問してくれた場合だ。きっと友人から話に聞き、検索して探してくれたのだろう。これは本当に嬉しい。さすがにもう「レアもの通信」で検索する人はいないが、まだ希ではあるが、未だに「エロスタ」という言葉で検索してくれる人もいる。きっと、古いお客さんなのかも知れない。
先月だったろうか、「ハイド よく行くゲレンデ」という言葉で検索し、訪問してくれた人がいた。それを見たバカな私は「俺が行くゲレンデなんて調べてどうするんだ?」と不思議に思いながらも、嬉しいやら気恥ずかしいやら、何だかソワソワした気持ちになってしまった。が、しばらくして恥ずかしい勘違いに気がついた
「いや、ちよっと待て。ラルクのハイドってスノーボードやるんだっけ・・?」


現在、検索でHITして訪れる人は1日70人程度。1日の総訪問者数は140〜150人。ま、不定期更新であるし、エキサイティングな内容でもない。ラルクのハイドならいざ知らず、私の書くものはこんなものだろう。

■ライドショップハイド情報■
7月末にUNIONのビンディングが入荷。
まだ全てではないが、CONTACT、CONTACT PRO、FLITE PRO、FLITEが入荷。7月に13/14モデルが入荷なんてこれまでに無かった事。年々スノー商品の入荷時期が早まっている気がする。まだまだ夏を満喫して欲しい時期なのだが、売り切れる前にゲットだぜ!


posted by hide at 17:24| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

スノーウエア図鑑

EKG-RED.jpg ANALOG.jpg
当初は屋外での撮影!自然光の方が発色が良いかな?と。当然撮影は晴天昼間限定で

先日PCのHD(ハードディスク)の調子が悪くなり、新しいHDに付け替えを行った。業務で使用しているPCのため、内部には常時2台のHDを設置しており、万が一、1台のハードディスクがクラッシュしてしまっても業務に差し支えないよう、バックアップをとるようにしている。それが功を奏し、今回は難なくトラブルを回避できた。
新しく取り付けたHDにデータを移動する際、過去に使用したスノーウエアの販売用画像のフォルダに目が止まった。昨シーズンの画像はまだ開く可能性はあるが、3シーズンも経過するとそれらを開く事はまずない。今回はファイルの整理もかね、懐かしい気分に浸りながらつい時間を忘れ、あれこれと昔の画像に見入ってしまった。
現在使用しているPCには、08/09から12/13モデルまでの画像が入っていた。それ以前の画像は、先代PCのHDに眠っていたのだが、この際だと思い立ち、現在のPCと接続して2002年モデルまでの画像を取り出す事ができた。それより前となると当時のPCが古すぎて、現在の機械との互換性がないため取り出すには何かしらの策が必要となる。もしそれが可能ならば、これまでネットにUPした画像の全て、約14年分の当店の仕事が見られる事となる。

ご存じの通り、当店のスノーウエア販売用画像は全て、私が着用して撮影している。入荷した全モデル(撮影するサイズのみ)に袖を通している訳だ。年間100モデルあるとして、14年で1,400着のウエアを着た事になる。入荷した物だけでなく、展示会での試着や海外ショップでの試着なども含めると、もっと膨大な数となるだろう。とっかえひっかえウエアを着替えての撮影では、いつも思う。これだけ多くのウエアを着る奴は、そうはいないだろう。スノーウエアを日本一たくさん着た男かも知れない、と。
ブランドの人気とは別の視点での、そうした経験から語るウエアの善し悪しや好き嫌い、という話も面白いなとは思う。だが今回はそうではなく、撮影した画像の処遇についてだ。

HOLDEN1.jpg M6-PATENT.jpg
制約のない室内撮影へ。何故か背景は黒。黒いウエアは同化してしまうため1シーズンで変更
AIR-PARKAjkt.jpg HOLDEN-ROADMAN.jpg
白系の背景も使ってみたものの、シーズン半ばにして即取りやめに。そして現在の黄色へ

あらためて昔のウエアを見てみると、現在とあまり変わっていない事に驚く。7、8年前のモデルでも、来期のニューモデルだと言われれば、信じてしまいそうなほどに。特に、リラックスフィットのモデルは、基本デザインがあまり変化しないためより一層そう感じる。当時はスペシャルブレンドやフォースクエア、686、そして大ブレークしていたVOLCOMなどを、可能な限りダボダボに着こなすのが流行であった。
細身のウエアの取扱いを始めたのが2005年。holdenからだった。最近でこそ大人気ブランドだが、当時はまだ細身のウエアが認知されておらず、かなり苦労したのを覚えている。そのholdenにしても、当時はまだメンズのピタピタスキニーは無く、スリムなブーツカットではあっても、今からすれば若干ゆとりのあるシルエットだったと思う。着こなしにしても小さめのサイズでピタピタではなく、ワンサイズ大きなものを選び、ルーズに着るのが普通だった。翌2006年から販売を始めたエアブラスターにしても同様だ。
現在当店では扱っていないANALOG、DC、QUICKSILVER、SESSIONS、M6、686、SB、FSQ、PLANET EARTHなどのブランドの画像もあって、何だか昔付き合っていた彼女の写真が出てきた時のような、ちょっと複雑な気持ちにさせられもした。

SB-Unit.jpg SB-CONTROL-CASTEL.jpg
SBは個人的にも思い入れのあるブランドで、今みても悪くないと思う
DC-BAUD.jpg 686FAMOUS-PT&COMMAND-JK.jpg
現在取扱いのないブランド達も当時は活躍していた

さて当店の場合、オークションスペースへの出品という形をとっているため、商品の現物が売り切れてしまうと、シーズン中であってもその商品の画像はネット上から消えてしまう。楽天のように、SOLD OUTという形でいつまでもネット上に公開しておく事はできないのだ。そのためせっかく腐心して撮影した会心の1枚であっても、UPした直後に売り切れてしまえば、多くの人の目に触れることなく消えていく。まぁ、それはそれで売れている証拠なのだから、何ら問題はないのだが。
今回、過去の画像を振り返ってみて、単にボードファッション図鑑のような感じで、見てみたいという人もいるかも知れないな、と思った。過去の製品なので、購入目的でそれらを見る訳では無く、「こんな感じのウエア着たいな」とか「こういう組み合わせ格好いいじゃん」とか、今後の購入の参考にしたりできないだろうかと。また、過去の製品を見ることによって、ブランドイメージの再確認もできるんじゃないかと。
しかし、過去の製品を今更ほじくり出さなくも、来期モデルが早々にネット上を賑わすご時世である。来期モデルを見比べて夢を膨らます方が楽しいのではないか、とも思う。もう手に入らない製品よりも、踏み出せばGETできる物の方がリアリティもあるだろう。冷静に考えてみれば、これは私が撮影した本人だから、単に画像への愛着や思い入れでそう考えついただけなんじゃないかと。実際のところ、私だって古いカタログ本などは躊躇なく捨ててしまうのだから。

NOMIS-HOODY.jpg T9-TEAM-JK.jpg
このあたりになると記憶に新しい。画像は適当にチョイスしたので特に意味はナシ

誰も見ないようなものに時間を割くほどヒマではない。見たいという声が多ければ、考えてみようと思っている。YAHOOフォトなら50GBの容量があるし、スライドショウのような形式で見る事も可能だ。あまり古いものは参考にもならないだろうから、過去5年位の製品に限ってご紹介できたらなと。見てみたいという人はいるだろうか? モチロンいないと思って、安心して書いている訳だが(笑)


■RIDE★SHOP ハイド情報■
JSLVの定番モデルHOODIEや新作TEEなど、XLサイズ中心に少々入荷!!
LIV'N LARGE PULL-OVER
LIV'N LARGE TEE
ISSUE STANDARD ZIP-UP
HIGH LIFE NUG TEE
HIGHLIFE PULL-OVER
SIGNATURE PULL OVER
TIMES PULL OVER
HOOKS PULL OVER
シーズンIN前にGETがオススメ! (シーズンには売り切れます)
そのうちUP予定

posted by hide at 01:31| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

2013春夏SURFギア入荷

PH-BLOCK.jpg


2013春夏のサーフギアが順次入荷中。
現在HURLEY春モデル、夏モデルの一部、RIPCURLのWET類、VOLCOMなどが入荷。今後もRVCA夏モデル、XCELのWET、HURLEY夏モデルなど近日中に入荷予定。一度にUPできませんが、準備が整い次第順次UPしていきます。ボードショーツの需要ピークはもっと先で、あまり慌てていないためもうしばらくお待ち下さい。
(画像は既に入荷しているHURLEYの夏モデルのボードショーツ)
HURLEYのウエットスーツに関しては、9月頭入荷の13FALLモデルより、クオリティ、デザイン、価格などが一新されます。ボードショーツのBPシリーズと共通のデザインとなり、足に二重のラインが入ります。そこにターゲットを絞っていますので、HURLEYファンの方々はもう少々お待ち下さい。

■ライドショップハイドでは随時アルバイトなど募集中!■
仕事はパソコンでのネットショップ管理や商品撮影、発送荷造りなど。
スノーボーダー、サーファーであればよりベターですが、そうした趣味がなくても構いません。経験がなくても全然OK。週5日程度働ける人がベストです。興味がある人はメールにてお気軽にご連絡下さい。詳細ご説明します。
よろしくお願いします。



posted by hide at 12:56| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

今年もありがとうございました
そして A HAPPY NEW YEAR!

NEWYEAR.jpg


スノーシーズンに突入してからというもの毎日、朝から深夜まで働きづめで、ブログを更新する余裕すらなく、気がつけば大晦日である。
皆さんは今頃、雪山に出かけているだろうか?
今期は例年になく早く雪が降り、雪不足の心配もなく順調なスノーシーズンとなっている模様。まだまだ仕事を休む訳にはいかない私は、ウハウハなパウダーツリーランを妄想するだけで精一杯。我慢我慢なのだ。だが皆さんには雪の良いこのシーズン、1日でも多く滑り、大いに楽しんでいただければと思う。

私の場合、まる1日仕事を休むのは1年で3、4日。ましてや連休し、どこかに遠出する何てことは全くない。そんな状態がここ5年ほど続いている。もうこの10年で、一生分の仕事をしたような気さえする。そろそろドーンと休みを取らないと、肉体的にも精神的にもヤバイ気がする。とはいえ、この仕事を始めて約13年、何とか商売が続けられているだけでもありがたい事なのだが、ウインタースポーツ人口の減少、デフレ、景気低迷、その他様々な要因で楽ではない営業を続けている中、ドーンと休みを取る勇気はなかなか・・ 

そんな仕事ばかりの日々である、一昨年の年始の目標であった、二年以内に良いパートナーと巡り会う!という目標は達成される事なく、間もなく期限切れを迎えようとしている。結局一人寂しい正月、それなら少しでも仕事をこなした方が良いと、元日から仕事・・それは悪いループである、という事は本人が一番良く分かっているのだが(笑) ネットショップという対面でのコミュニケーションの少ない仕事柄、仕事で異性に出会うことは皆無。しかし仕事は忙しい。ホント、来年こそ何とかしなくては!

という訳で、新年です。
あけましておめでとうございます。
本年もどうかよろしくお願いします!
皆さんもいろいろ大変な事をいっぱい抱えていると思いますが、スノーボード、サーフィンでイヤな事はフッ飛ばし、元気にこの1年乗り切っていきましょう!
よろしくお願いします!


posted by hide at 15:11| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

定休日のお知らせ

INTERSTYLE.jpg

2月14日は横浜へ出張のため、RIDE SHOPハイドはお休みです。
INTERSTYLEは来期12/13モデルのスノー、サーフ、スケートなどの展示会。
商品の発送は、15日となります(16日になる可能性もアリ)。
電話でのお問い合わせや、メールの返信もできません。
どうかよろしくお願いします。

■お知らせ
2012春モデルの新作Billabongウエットスーツ入荷しました。
SG5 Chest Zip 4/3mmと3/2mm(XS,S)
Foil Chest Zip 4/3mmと3/2mm(XS,S,MS,M)お値打ちでオススメ!
枚数に限りアリなのでお早めに!

SIGNAL.jpg

業務連絡だけでは味気ない。来期モデルの中から面白そうなモデルをご紹介しよう。
来期から当店で扱う事となるSIGNAL。南カリフォルニアのハンティントンに本社と工場を構え、メイド・イン・USAのスノーボードを造り続けている、個性豊かなブランドである。そのシグナルから、オールドスクールテイストたっぷりのパウダーボードが来期新発売される。モデル名はEPIC。パウダーランはもちろんの事、SURFSTYLEなスノーボードが流行している現在、この手の板は旬の真っ只中と言えるだろう。デッキ面がスケートボードのデッキ(グリップテープを貼っていない状態)をイメージしたウッド仕上げというのも、かなりそそられる。通常モデルはダークウッド。デイブ・リーのモデルがナチュラルウッドとなっている。

他、YES.からも全長146cmしかないにもかかわらず、ウエスト幅が28.8cmもあるTHE420というパウダーボードが発売される。現在サーフボードの世界では、全長が短く、幅広で厚みのあるミニボードが隆盛を極めているが、確実にその辺りからインスパイアされたのだろうと思われる。短くても浮遊感は抜群と思われるので、取り回しの良さが求められるツリーランにはもってこいの板だろう。ただし、パウターでしか活躍しないと思われるので、圧雪面での性能には目をつむって欲しい。しかし、決して曲がらない訳ではないので、ご安心を。
超個性的な板である、持っているだけで「その板どう?」と、誰かに話しかけられる事、間違いない。
SIGNALもYES.も入荷する予定。ゲットしたい人はご連絡を(各サイズ1本のみ入荷)。

今年は新雪の当たり年である。この豪雪でパウダーの楽しさ、奥深さにハマった人も多いだろうと思う。そう、パウダーは無条件で楽しい。誰もが笑顔になる。パウダーの楽しさを知らずして、真のスノーボーダーではないとさえ思える。
よりパウダーを楽しむため、趣味の奥行きを広げるため、こういった板を所有し、状況に応じて選択できる環境を作るのも、趣味の醍醐味。充実したスノーライフに1本、いかがだろうか?

posted by hide at 22:21| ライド★ショップ ハイドの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。